注意点について

任意後見制度を利用する際の注意点を教えましょう。

まず、任意後見人が預貯金を使い込んでしまうというケースがあります。任意後見人として預貯金を自由に使うことも可能だからです。もちろん、それを監督するための監督人を家庭裁判所は用意してくれます。しかし、そのようなチェックが上手くいかないこともあるため、任意後見人に選ばれていない家族や友人などもきちんと後見人の行動をチェックしておくべきでしょう。

任意後見人については報酬の問題が発生することがあります。これは本人との話し合いによって決まるものです。無償でやってくれる人もいるかもしれませんが、後でトラブルになる可能性もあります。また、任意後見監督人については裁判所の方から報酬が支払われることがあります。

任意後見制度を利用した犯罪行為が存在しています。こちらには十分注意するべきでしょう。最初から犯罪行為をすることを目論んで任意後見人になろうとする人がいるからです。法定後見人の場合にはこのようなことは生じないでしょう。成年後見人は基本的に誰でもなることができるのです。そのため、本当に信頼できる人物に任せるべきでしょう。法定後見人の場合は裁判所が信頼できる人物を選任してくれます。