注意点について

任意後見制度を利用する際の注意点を教えましょう。

まず、任意後見人が預貯金を使い込んでしまうというケースがあります。任意後見人として預貯金を自由に使うことも可能だからです。もちろん、それを監督するための監督人を家庭裁判所は用意してくれます。しかし、そのようなチェックが上手くいかないこともあるため、任意後見人に選ばれていない家族や友人などもきちんと後見人の行動をチェックしておくべきでしょう。

任意後見人については報酬の問題が発生することがあります。これは本人との話し合いによって決まるものです。無償でやってくれる人もいるかもしれませんが、後でトラブルになる可能性もあります。また、任意後見監督人については裁判所の方から報酬が支払われることがあります。

任意後見制度を利用した犯罪行為が存在しています。こちらには十分注意するべきでしょう。最初から犯罪行為をすることを目論んで任意後見人になろうとする人がいるからです。法定後見人の場合にはこのようなことは生じないでしょう。成年後見人は基本的に誰でもなることができるのです。そのため、本当に信頼できる人物に任せるべきでしょう。法定後見人の場合は裁判所が信頼できる人物を選任してくれます。

任意後見制度

任意後見制度というものがあります。こちらは本人がまだ判断能力のある間に万が一の場合に備えて後見人を自分で決めておくという制度です。その際には公正証書を作成します。こちらで家庭裁判所が関与できるのは本人があらかじめ選んでおいた任意後見人を裁判所の選任した人に後見人監督人が監督をできることだけです。そのため、成年後見制度とは異なり、裁判所の関与がほとんどない制度となっています。

任意後見制度たとえ今は元気であって後見人も必要なかったとしても、将来どうなってしまうかは分かりません。ひょっとしたら認知症になってしまい、自分で判断することができなくなるかもしれません。こちらの制度を利用しておくことによって、家族達の負担は軽減されるでしょう。信頼できる人と任意後見契約を締結しておくのです。そして、必要になったら家庭裁判所に申し立てをして、任意後見監督人を選んでもらい、その人が任意後見員の仕事をきちんとチェックするのです。事前に定められた内容の仕事をすることになります。

こちらの手続きをする際には公正証書が必要となります。こちらは費用がかかってしまうため気をつけましょう。本人が自由に後見人を選ぶことができて、契約内容については登記してもらうことができるため、後見人の地位もきちんと証明されます。⇒注意点について

法定後見制度

法定後見制度というものがあります。これは判断能力が衰えてしまった方のために家庭裁判所が支援者を選ぶという制度です。指定された支援者は本人の希望をしっかりと考慮しながら身の回りの手伝いをしたり、財産管理をします。

裁判所この法定後見制度によって規定されている後見人には3つのタイプがあります。それは補助と補佐、そして貢献です。判断能力が不十分ならば補助、著しく不十分であれば補佐、ほとんど判断することができないならば後見となります。

すでに判断能力が低下している人のための制度のため、契約書を交わす必要はありません。家庭裁判所に申立をして、そこで選任された人が後見人として行動することができるのです。

申立をすることができるのは本人の配偶者か4親等以内の親族となっています。申立のあとには審問が行われます。裁判官が事情を尋ねるのです。そして、調査をします。さらには本院に本当に判断能力がないのかを鑑定します。そして、最終的に審判されるのです。

補助人や保佐人になると申立をしたときに選択した特定法律行為を代わりに行うことができます。成年後見人になった場合には、すべての法律行為を代わりに行うことになります。あるいは取り消すことができます。⇒任意後見制度

成年後見とは

成年後見という制度があります。これはたとえば精神上の障害が起きてしまい、それによって判断能力が欠けてしまった方が不利益を被らないようにするためにその人を援助するための人を付けてもらうという制度のことです。こちらの制度はさまざまな場面で活用されています。

高齢者たとえば認知症の高齢者が訪問販売で騙されて高い商品を購入してしまったというケースがあります。こんなときには成年後見の制度を上手く活用することによって、被害が生じるのを防ぐことができるのです。これからの高齢化社会において成年後見の制度はとても重要なものとなるでしょう。

どうして成年後見という名称かというと、未成年の場合はその保護者が後見人としての役割を果たすことができるからです。成人した方でも後見人のような役割を果たす人をつけることができるというのが成年後見制度の特徴となっています。病気によって正常な判断をすることができなくなっている成人はたくさんいるのです。そのような方を助けるための制度となっています。

本人の判断能力が不十分な場合、社会生活のさまざまな場面において不利益を被ってしまう可能性があるのです。それを避けるための制度である成年後見はとても重要なものとなっています。こちらではそんな成年後見制度について解説しましょう。こちらの制度が具体的にどのような内容となっていて、どんな点に注意をして利用しなければいけないのかを解説しましょう。ぜひとも参考にしてください。⇒法定後見制度